ナンバーワンキャバ嬢の身についている接客術とは!?

>

1日体験入店について

キャバ嬢向き不向き

キャバ嬢になりたいと思っていても不向きだったということもあるかもしれません。
キャバ嬢に向いている人というのはどのような人なのでしょうか。
多少なりとも接客業の経験があったほうがいいかもしれません。接し方だったり、話し方なども経験によって身につきます。
キャバクラなどの夜の世界は華やかなようで実際は裏の地道なことも色々あり、思ったほど華やかではありません。というのはよく聞きますが、それでもやはり華やかであると思います。きれいにお化粧して、髪型もばっちりきめて、衣装もきらびやかなドレスに着替える、それだけで非日常の世界でとても華やかになります。
その華やかさについていけるか、そして一番は金銭感覚ではないでしょうか。初心者であっても普通のアルバイトよりはもらえます。
その感覚でバランスを崩さないでいることも大事なのだと思います。

夜の世界

夜の仕事というのはどのようなものなのでしょうか。
24時間やっているコンビニの深夜帯であったり、工場などもあります。お金が必要でWワークや時給が良い、ということでやる人が多いのではないでしょうか。
もちろん簡単な仕事はありませんが、あまり人と関わらない、という点ではキャバクラのように人と関わることが仕事というものより疲れはないかもしれません。
時給も良いし、寝る時間を削るだけで簡単に稼げると思っていたら疲れも溜まり、生活が乱れてしまうでしょう。
ナンバーワンになるためにはまず目標をはっきりさせることが大事ではないでしょうか。最終的にどうなっていたいのか、ナンバーワンになって自分のお店を持ちたい、何か会社を立ち上げたいなど、この世界で働いたことが生かせるように、接客方法、人脈、お金などを作っていけるようにしていきたいです。


この記事をシェアする

トップへ